いまどきの『蜘蛛の糸』

いまどきの『蜘蛛の糸』

 もちろん芥川龍之介原作 

  一

 ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら歩かれていました。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽は丁度朝なのでございましょう。

 やがて御釈迦様はその池のふちに佇(たたず)まれて、水の面を蔽っている蓮の葉の間から、ふと下の容子(ようす)を目にとめられました。この極楽の蓮池の下は、丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます。

 するとその地獄の底に、犍陀多(かんだた)と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が、目にはいられました。この※陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが、それでもたった一つ、善い事を致した覚えがございます。と申しますのは、ある時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛が一匹、路ばたを這って行くのが見えました。そこで犍陀多は早速足を挙げて、踏み殺そうと致しましたが、「いや、いや、これも小さいながら、命のあるものに違いない。その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と、こう急に思い返して、とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからでございます。

 御釈迦様は地獄の容子を目にとめられながら、この犍陀多には蜘蛛を助けた事があるのを思い出されました。そうしてそれだけの善い事をした報には、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと思われました。幸い、側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸をそっと手に取られて、玉のような白蓮の間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを下(おろ)されました。

 (続く) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました