野島明の主要著作

野島明の主要著作

『カンマを伴う分詞句について』 ――《分詞構文》という迷妄を晴らす試み――

《分詞構文》とは何か。

“Tom, horrified at what he had done, could at first say nothing.”中の-ed分詞句は非制限的名詞修飾要素(「名詞句を叙述的に修飾する」要素)であると判定されるとしたら、「カンマを伴う分詞句」はどのような場合に《分詞構文》(副詞要素)であり、どのような場合に非制限的名詞修飾要素であるのか。また、《分詞構文》とは何か。

 目 次

 前書きと註記

 第一章 「カンマを伴う分詞句」をめぐる一般的形勢、及び基礎的作業

   1.戦国乱世
   2.《分詞構文》という了解
   3.カンマの有無を契機とする「制限的修飾」と「 非制限的修飾」
   4.「特定」の諸相
   5.「脈絡内照応性」と「カンマ」の関係 
   6.「脈絡内照応性」と世界の揺らぎ 

 第二章 個々の読解の在り方を吟味する

   1.【読解  その1】について
   2.【読解  その2】について
   3.【読解  その3】について
   4.【読解  その4】について
   5.【読解  その5】について
   6.【読解  その6】について

 第三章 《分詞構文》という副詞要素、これで不都合はなかった

   1.格別の不都合は生じなかった…文末の-ed分詞句の場合(1)
   2.講師経験豊かであればこそ…文末の-ed分詞句の場合(2)
   3.やはり不都合は全く生じなかった…文中の-ed分詞句の場合
   4.不都合は生じようもなかった…文頭の-ed分詞句の場合

 第四章 そして不都合が生じた

   1.発端(その1)…ネット以前なら不可能だった
   2.発端(その2)…特例が続出した
   3.欠落した範疇との対峙

 第五章 分詞句の解放に向かって

   1.「欠落した範疇」という出口
   2.「カンマ+-ed分詞句+ピリオド」
   3.もう一つの「カンマ+-ed分詞句+ピリオド」

 第六章 開かれた世界へ

   1.異邦人の孤立
   2.「カンマ+-ed分詞句+ピリオド」になぜこだわってきたのか
   3.ある教科書が自ら身を置いた窮境
   4.「カンマを伴う分詞句」の「暗黙の主辞」の在り方について
      その一 文形式④中の分詞句とほぼ等価であると見なせる分詞句 の場合
      その二 文形式④(S+V…名詞句[=分詞の暗黙の主辞] + ,分詞句.)の場合
      その三 文形式①(S[=分詞の暗黙の主辞]+,分詞句, +V….)の場合
      その四 文形式②(S[=分詞の暗黙の主辞]+V…,+ 分詞句.)の場合
      その五 文形式③(分詞句,+S[=分詞の暗黙の主辞]+ V….)の場合
      その六 まとめ
   5.解読という誘惑

 第七章 開かれた世界から

   1.《分詞構文》と主辞補辞……分詞句の場合
   2.《分詞構文》と主辞補辞……形容詞句・名詞句の場合
   3.文頭・文中に位置する「カンマを伴う形容詞句・名詞句」
   4.”Using ……”や”Referring to ……”
   5.「文章体」なのか、「文語体」なのか
   6.何が曖昧なのか
      その一 「簡潔さ」と「曖昧さ」
      その二 「解消されるべき先験的曖昧さ」と「解読」 
      その三 文形式①中の-ed分詞句の特性
      その四 文形式②中の分詞句の「時制」と「法[mood]」 
      その五 「暗黙の主辞」の曖昧さ
      その六 文形式③中の分詞句の「法[mood]」
      その七 「相[aspect]」の曖昧さ

「ブクログのパブー」で試し読みできます。

「ブクログのパブー」で 「前書きと註記」「第一章」「第二章」を 試し読みできます

『この星にようこそ』

生きとし生けるものをめぐる断章と随想 。

 目次

はしがき

じとっとのしかかるばかりの大気をわずかなりとも掻き乱さんとか、
双の腕を大きく広げ、あちらへこちらへと駆け回る如くに、
或いは、
その何処いずこにもかすかな波紋一つ見当たらぬ水面みなもに人差し指を中ほどまでつけ、
きっと空気足らねば混ぜ入れんとか、
その指をぐるぐる回し動かす如くに、

文字を刻み連ねる。

…… …… …… …… …… ……

序章

《もの》が噛まんか、血を流すか、身をよじり、声をいださんか。

**

あなたは人間じゃない――かる罵りは誉れと思い做し、
あなたはけだものにも劣る――る罵りは従容として甘受する。

…… …… …… …… …… ……

第一章

赤い血の流れる生きもののしかばねから取り分けた筋肉が脂肪が臓器が、
時には血の香の残る生の屍肉しにくが、焼けば体液のにじみ出る屍肉が、
我ら人間には何と美味なこと。

…… …… …… …… …… ……

第二章 幕間(その一)  豚祭り[La matanza]

走り、舞い飛び、跳ね、這い、泳ぎ、うごめく生きもののとびっきり新鮮な筋肉に脂肪、臓物や血液は、時に、豚であれば豚祭り[La matanza]を、牛や鶏や犬であれば牛祭りやらとり祭りやら犬祭りを(なければ新たに作り出すのである、そんな祭りを)厳粛に晴れやかに執り行った上でこそ、有り難くいただきたいものである。  …………

第三章

ハイ、キミは友達、キミは食用。

…… …… …… …… …… ……

第四章 幕間(その二) 千駄ヶ谷一丁目の大樹

千駄ヶ谷一丁目の大樹
――鳩森八幡神社境内一の大樹――


               大都会の中心に住まうあなたを訪れるのはいつも夜
               街灯から届く明かりほの暗く
               粗粗しく逞しい幹に向き合う
               掌を押し当てると土色の乾いた樹皮は
               意想外に柔らかく押し返してくる
               すぐ頭上には濃密に入り組んだ枝葉
               あふれ満ちている
               こうしてあなたは昼となく夜となく呼吸して幾百年
                

…… …… …… …… …… ……

第五章

「まぁ、何て生きがいい」
(水槽からまな板に移され、跳ね回る鯵に) 

「まぁ、何て生きがいい」
(頭部をビニル袋ですっぽり覆われ、全身でのたうち呻く牛に)

…… …… …… …… …… ……

第六章 幕間(その三) 我らはチテキ存在である

我らはチテキ存在である


彼らの降り立った惑星では、一生物種が、その飛びぬけて優越的な地位を何ものに脅かされるでもなく、自らを世界の支配者と思い誇り、繁殖力の旺盛を繁栄と看做し得るとするなら、大いなる繁栄と享楽に耽っていた。とある銀河内でとりどりに光り輝く数知れぬ恒星の一つを廻る一惑星、チキュー、と一生物種ジンルィが呼び習わす、水の惑星に彼らは降り立ったのである。偶然、などではない。極めて長期に及ぶ探査と検討の後、入念に準備を整え果敢な決断を下して旅立った彼らが、きわも知れぬ宇宙空間に散在する数知れぬ恒星系を経巡り無量の時を生きながらおおせて初めて至るを得たのがこの惑星であった。

…… …… …… …… …… ……

第七章

喜色満面、まるで邪気無さげに焼肉に喰らいつくヒトたちを、いまだ

けだもの

と胸の奥で呼びそうになる私。

私はいつ胸の奥で、我知らずこうしたヒトたちを、

ヒト

と呼ぶようになるのか。

…… …… …… …… …… ……

第八章 幕間(その四) ”Intelligent Design”?

 Intelligent Design?

intelligent design?、とはつまり、知的存在の計らいってか。

大いに結構。正に吾が意を得たりの思いである。生きとし生けるもの、そしてこの世に満ち満ちる玄妙不可思議に真正面から向きあえば、今更ながらその背後にいますお方、Godとも申すな、を想わざるを得まい。さて、問題は、そのお方はどなた、ということだが、もちろん、我らが一族のおやにして守り神、広大無辺の御智恵と御慈悲をお持ちの「ポンポコ様」、我ら狸族の「ポンポコ神」ということでよもや異存はあるまいと満腔の自信を抱いておる。 

…… …… …… …… …… ……

第九章

ただ手折たおらんがために花を手折る 
ただ踏みにじらんがために河原に咲くオオイヌノフグリを踏みにじる

…… …… …… …… …… ……

第十章 幕間(その五) 竹の実と腐った鼠と

竹の実と腐った鼠と

南方に鳥有り、其の名は○○えんすう (注1) なり。これを知るか。れ ○○えんすうは南海より発して、北海に飛ぶ。梧桐ごどうに非ざればとどまらず、練実れんじつに非ざれば食わず、醴泉れいせんに非ざれば飲まず。 

是に於いて、 (注2) 、腐鼠を得たり。○○えんすう之を過ぐ。仰ぎて視て曰わく、 かくと。 

今、子は子の梁国を以て、我に嚇せんと欲するか。  


(注1)○○(えんすう):「えん」の偏は「宛」、旁は「鳥」、「すう」の偏は「芻」、旁は「鳥」。「想像上の鳥の名。鳳凰の一種」(『漢字源』学研) 
(注2)鴟:鳶あるいは梟

…… …… …… …… …… ……

「ブクログのパブー」で試し読みできます

「ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/)」で試し読みできます。

『カレラにはよほど居心地よろしからざりき:民主党政権』

「あいなき」とても、「丸投げ[outsource]」に目留とどむべかりしに
世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや、おほくは皆虚言そらごとなり。(『徒然草』第七十三段)(西尾実校注、岩波文庫)

カレラの面白めかしく言い立て語り立てること、大概は眉唾もの。

民主党政権下、新聞は何をどのように報道したのか、報道しなかったのか。 カレラ にとっての「居心地悪さ」検証の試み。 また、カレラとは何者か。

第一章

二〇〇九年十月二十三日、ウエッブ上に些か世の耳目を引きそうな見出しが躍った。

「最もやっかいな国は日本」鳩山政権に米懸念 (ワシントン=小川聡、yomiuri.co.jp, 2009年10月23日12時11分)

米高官「最も厄介なのは中国ではなく日本」 米紙報道 (ワシントン=伊藤宏、asahi.com,2009年10月23日15時3分)

米国務省高官「中国より日本が困難」 Wポスト紙 (ワシントン=有元隆志、sankei.jp.msn.com, 2009.10.23 18:35) (注1)

…… …… …… …… …… ……

(注1)
朝日と読売については電子版と縮刷版の記事を比べてみた。縮刷版ではいずれも囲み記事。目立たせんがための小細工である。

 朝日の記事にはわずかに異同あり。電子版の記事本文は697字(句読点含む)、縮刷版は681字(句読点含む)。記事末尾の一文は、電子版では「さらに、 オバマ大統領と鳩山首相は、それぞれの国民を守る責任があり、『アジアで最も重要な安全保障関係に広がる亀裂を食い止めなければならない』と指摘した。 」とあるが、縮刷版では「それぞれの国民を守る責任があり、」が抜けている。

読売の記事にも異同あり。電子版の記事本文は373字(句読点含む)、縮刷版は340字(句読点含む)。記事末尾の部分、電子版では「民主党の政治家たち が『米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ。』(大塚直史参院議員)などと、米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた。」という箇所が、 縮刷版では「民主党の政治家たちが『米国は我々が与党であることを認識すべきだ。』などと、反論するようになった風潮も伝えた。」となっている。電子版か ら削除されている箇所は「(大塚直史参院議員)」と「今や」と「米国に公然と」である。

「最も厄介……」は、以下の引用の末尾の箇所に該当する。同一の記者(複数)によるほぼ同一内容の二つの記事(U.S. pressures Japan on military package By John Pomfret and Blaine Harden, Washington Post Staff Writer, Thursday, October 22, 2009 及び Japan: No base decision soon By John Pomfret and Blaine Harden, Washington Post, Thursday, October 22, 2009 9:46 AM)から引用。

A senior State Department official said the United States had “grown comfortable” thinking about Japan as a constant in U.S. relations in Asia. It no longer is, he said, adding that “the hardest thing right now is not China, it’s Japan.“(下線は引用者)
ある国務省高官は、合衆国は対アジア外交において日本のことは恒数と見なして「安心していた」が、もはやそうは行かない、と語り、「目下もっとも厄介なのは中国ではない。日本だ」と付言した。 (引用者訳)

asahi.comの見出しが最も適切に英語原文を反映している。

朝鮮日報日本語版は同箇所を次のように伝えているが、カッコつきの「非常に平穏な状態」が”a constant”の日本語訳であるとすれば不適切であるし、引用符のついた”grown comfortable”の日本語訳だとすれば間違いである上に、全体的に英文の理解は不正確である。

米国務省高官は、「米国は日本が『非常に平穏な状態』だと考え、その関係は持続すると考えていた。しかし、現在は中国よりも困難な状況だ」と語った。(沖縄の米軍基地移転問題、深まる日米対立, chosunonline.com, 2009/10/23 11:47:44)

毎日の電子版にも縮刷版にもワシントン・ポスト紙のこの記事関連の記事は見出せなかった(筆者が見落としている可能性は否定しない)。

日経縮刷版ではこれも囲み記事で、記事本文は185字(句読点含む)、「『鳩山外交に米が懸念』米紙」、が見出しである。同記事末尾は、「同紙は、山積す る外交課題で手いっぱいのオバマ政権にとって、アジアで最も親密な同盟国である日本が『新たな厄介な問題』になっていると指摘した。」である。「同紙」と は「ワシントンポスト紙」。

なお、サンケイ電子版の記事本文は469字(句読点含む)。元ネタであるワシントン・ポスト紙の二つの記事本文の語数は、U.S. pressures Japan on military packageが約1020語、Japan: No base decision soonが約1150語である。 朝日、読売、サンケイの記事はワシントンポスト紙のこれらの記事の極めて恣意的なつまみ食いである。日経の記事はつまみ食いにもなってはいまい。

第二章

記事①②③の「世の耳目を引かんとする見出し」に見られるように、変化を求めようとする民主党政権に対して合衆国政府某高官が苛立ちを口にするのは(そこに正当な理由を見出し得ないにも拘らず)当然であると、カレラ(大報道媒体ムラのムラヒト連中)には感じられ、そこに疑念を差し挟む余地などあるはずもな いと思い做されているようである。しかし、自立した精神の持ち主であれば、たとえ政権が変わろうと日本国政府は従来の政策(取り分け対米外交方針)を踏襲することが当然なのであると思い做す代わりに、外国の政府である合衆国政府の意に染まぬ点のあるような方針を表明している民主党政権に対して合衆国政府某高官が誇大な表現で苛立ちを公言したのは何ゆえか、といぶかしんでむしろ当然なのである。何せこの外国政府、旧敵国であることは別にしても、かつて主導したカイロ宣言では、「自国ノ為ニ何等ノ利得ヲモ欲求スルモノニ 非ズ又領土拡張ノ何等ノ念ヲモ有スルモノニ非ズ」と宣言した手前、戦勝国であることを楯に日本に領土の割譲を求めることはしなかったにせよ、「暴力及貪欲 ニ依リ略取シタル一切ノ地域ヨリ駆逐セラル[be expelled from all other territories which she has taken by violence and greed]」べきは大日本帝国のみであって、世界の至る所で「暴力及貪欲ニ依リ略取シ」まくってきた英米を初めとする西洋白人帝国主義諸国は其の儀に及ばぬこととし、ヤルタ協定では、ありきたりの帝国間戦争であった日露戦争を、「日本国ノ背信的攻撃[the treacherous attack of Japan]」 によるものと断じ、領土を初めとする諸権益を餌にソ連の対日戦参戦を促す露骨な帝国間取り引き(「ソヴィエト」連邦カ左ノ条件ニ依リ連合国ニ与シテ日本ニ 対スル戦争ニ参加スヘキコトヲ協定セリ)を主導し、現在に至っても日本国の領土、領海、領空の広大な部分の占領を続けていること、よもや、カレラは、忘れ て、いる舞いなのである。、どころか、カレラにとって、そんな事実は存在しないことになっていればこその、カレラの振る舞いなのである。 

…… …… …… …… …… ……

第三章

第四章

第五章

第六章

 カレラは何を為し、何を為さなかったのか。

 《優秀》な会計士を抱える《優秀》な会計事務所がある。

 一度目の決算書を見た顧客。

――こんなに正確に数字を出してどうするんだ。こういうのを馬鹿正直って言うんだよ。

 二度目の決算書を見た顧客。

――赤じゃ困るんだよな。

 三度目の決算書を見た顧客。

――多少は色をつけてもらわんと。

 四度目の決算書を見た顧客。

――黒もこんなところか。


…… …… …… …… …… ……

二千九年十月起稿、二千十六年五月脱稿

あとがき

起稿から脱稿まで六年有半。日々、長時間賃労働で食いつなぐこの身にあれば、やむを得ぬことであった。有り体に言えば、書くことに費やせる時間が乏しいのである。日に三十分ほどは一息つける時間にありつけはするが、魂を千里遊行させるにはあまりにも足りない。

…… …… …… …… …… ……

あとがきのあとがき

「世界各地の多数のカトリック聖職者(性欲者)による子供の性的虐待……。世界各地で大きく報道され、今もって報道され続けている大規模性犯罪、巨大醜聞だが、日本の大報道媒体(テレビ、ラジオ、新聞)は正面から本格的に報道する気をこれまでも現在もまったく見せていない」(第五章)という私の見解の妥当 性を裏付けてくれそうな情報をひょんなことから得た。

 ある日のこと、TBSラジオ「たまむすび」を聞いていた。この番組の司会で あり、テレ朝系「モーニングバード」の司会を羽鳥慎一さんとともに二〇一一年四月から二〇一五年九月までの四年半務めていた赤江珠緒さんはこの大規模性犯 罪をご存じないようであった。こうした経歴を有する赤江さんがこれだけ重大な犯罪、巨大醜聞をご存じないようだということは、この一件が少なくとも日本の《モーニングショー》では全く報じ られていないことの、間接的ではあるが、なかなか動かし難い証拠となる。ただ私はこのラジオ番組を録音していない。従って、番組関係者全員が口裏を合わせ、赤江さんはこの巨大醜聞を知らないなどとは発言しなかった、とでも白を切れば、私の指摘こそ虚言ということになる。聴取者の支援は期待できないだろう。とまあ、録音はしていないと言いはしたが、カレラが白を切り通すなら、どこかからいきなり録音を引っ張り出してやれるかもしれない。ひょっとしてどこ かに録音があるかもしれないからである。何せ今は同時に五局十局のラジオ放送を簡単に上々の音質で録音し保存する手立てがあるからだ(しかも牛丼数杯分と いう極めつきの安価)。同時に十局も録音したことはないが、五局を同時に録音するくらいのことは、時折している。第三章の【特別な注】で述べたことを、日本国内のテレビ・ラジオ報道の検証のために、画像や音声の記録と保存を始めているのである。やがて価値あるものとなりそうな資料が集まってきている……。

と、上述の如きことを書き連ねようとしていたのだが、そのラジオ放送を耳にしたのがいつごろのことであったのかも記憶は定かでなかったので、一応調べてみ た。インターネットを利用して情報の出方に驚かされること決して少なくはないのだが、今回も少々驚かせてもらった。必要な情報そのものがすぐ出てきた。 「町山智浩 映画『スポットライト(Spotlight)』を語る」 (miyeanzzlabo.com/archives/31555)という頁には二〇一五年十一月二十四日の「たまむすび」の私の耳にした放送内容が (恐らくほぼすべて)文字に起こされていた。二三ヶ月前のことだと思っていたら、半年も前のことだった。町山智浩さんがボストン・グローブ紙の調査報道を題材にした映画『スポットライト』について語る言葉に、聞き手の赤江珠緒さんは「知らなかった」と反応してはいないが、(以下、起こされている文字表現を そっくりお借りした)「えっ?」「そんな数ですか!ええっ!?」「ええっ!?」「えっ、そんな……ええっ!?」「これね、町山さん。被害者は男の子ばっかりなんですか?」「えっ、じゃあバチカンは知っていたの?」。

かくして私は、赤江さんはこの大規模性犯罪をご存じなかった、と判断した次第である。

(あとがきのあとがき 了)

「ブクログのパブー」で試し読みできます。

  1. 「ブクログのパブー」で試し読みできます。

 A novel   ”Not Necessarily Preferable To War” 

原作 野空 藍、 英訳 野島 明。

Original Title : With One Nuke, the Dictator of Japan

Original Subtitle : An Anecdote of KJ’s Notes by NOZORA AÏ

an experimental rewrite of the original Japanese version by Nojima Akira

based on the works of Nojima Akira : “On Participle Phrases Accompanied With A Comma”
and “Current English Usage Corpus classified on the basis of grammatical analysis”

“On Participle Phrases Accompanied With A Comma” の邦題は『カンマを伴う分詞句について』 。 “Current English Usage Corpus classified on the basis of grammatical analysis” の邦題は 『現代英語力標準用例集』(野島明 編著)

PC版『現代英語力標準用例集

スマホ版『現代英語力標準用例集



 目 次

 Preface

 Chapter One

 Chapter Two

 Chapter Three

 Chapter Four

 Chapter Five

 Chapter Six

 Chapter Seven

 Chapter Eight

 Chapter Nine

 Chapter Ten

 Chapter Eleven

 Chapter Twelve

 Supplementary Chapter

 Postface

「ブクログのパブー」で試し読みできます。

  1. 「ブクログのパブー」で試し読みできます。







タイトルとURLをコピーしました